米住建設の家づくり


暖かい住まいづくり

米住建設の全室暖房は床下を暖める床下暖房方式で行います。熱源はHPエアコンやFFストーブです(解放型の灯油ストーブは使えません)最近は断熱性能が良くなり、40坪くらいまでならHPエアコン1台で全室暖房が可能となりました。 シンプルなシステムでイニシャルコストも廉価で、システムのメンテナンスも必要ありません。
高断熱住宅で困ったところ
暖房は熱が逃げにくい構造なら少ないエネルギーで間に合います。
弊社では、暖房能力を決定するため設計段階で熱損失計算を行います。使用ソフトは新住協の「Qペックス」です。Qペックスは床(基礎)、壁、窓、天井(屋根)そして換気で逃げる熱を計算し、日射熱や生活上で発生する熱を差し引いて必要暖房能力を算出します。ここで得た数値を基に暖房器具を選定しますが、 最近、若い世代が多くなり共働きをする家庭が増えてきました。 日中カーテンを閉めて出かけるため、日射がさえぎられ日射熱を計算どうりに取得できません。
 日射を取り込める住宅では暖房エネルギーがわずかで済み家計に大きな差が出てきます。 南面の窓を大きくとり日射を取り入れると、晴れた日はほとんど暖房が要らなくなります。但し、夜間はこの窓から熱を逃がさないようカーテンやハニカムサーモスクリーンなどで覆う必要があります。
 
暖房器具の選定
暖房器具は8畳~10畳のように畳の枚数で目安が表示されていますが、これは8畳~10畳用と言う意味ではなく、木造なら8畳、コンクリート住宅なら10畳までと言う事です。また表示されている○○KWは、外気温7℃の時に室温を20℃に保つ場合のエネルギー表示で東京での外気温を目安にしています。山形、米沢など寒冷地では低温暖房能力と表示されている数値を見ます。(説明書の下の方に小さく表示)
これで見ると13畳用、15畳用などと面積が広くなると、能力の高い機種を選定しがちですが、暖房能力は下位の機種と変わらないという場合が有りますので注意が必要です。

通年エネルギー消費効率
これは、省エネの度合いを示し、数値が大きいほど省エネ効果が高くなります。
 たとえば、6.0は冷暖房エネルギーが年間を通して平均で投下エネルギーの6倍得られると言う意味で、100ワットの電気で600ワットの熱を得られるということです。

冬季のイメージ
ダイレクトに室内に入った熱は、床を暖め基礎コンクリートに蓄熱していきます。
床下の土間コンクリートを暖めた熱は、次第に地中に伝わり内部に蓄熱して(800mmほど:東北大学吉野教授による)膨大な熱量を蓄えていきます。(年に10センチほどでゆっくり蓄熱)
夜間に室内の温度が下がってくると、蓄熱していた熱は放熱し暖房エネルギーに変わります。
ベタ基礎工法はコンクリートの使用量が多いので蓄熱量も多く、省エネにつながります。
Q=1.0の高性能住宅ではより一層蓄熱効果が得られ省エネになります
夏季のイメージ 夏は太陽光を出来るだけ遮ります。
窓を開放して早朝の冷気を室内に取り入れると、冷気が保持され省エネパッシブクーラーとなります。
この効果は、早朝の外気温度と日中温度にもよりますが 午前中(5~6時間)いっぱい続きます。
 





性能シミュレーション

住宅の部位別熱損割合在来軸組工法の例
気密性能 換気回数 熱損失係数 設定室温 平均外気温 南面窓率
  0.5㎠  0.5回 0.987
W/㎡K
 20℃  -3  28%~


 一般木造住宅との年間灯油消量の比較(当社比 )
  高性能Q.1住宅  次世代木造住宅
 年間灯油消量  456㍑  1450㍑
 年間燃料費 45,600円  145,000円
■灯油100円/Lとして算出  年間99,400円の差となります。
(H26/2/17現在)

断熱方式
米住建設の断熱は、床下を基礎断熱、壁は充填+付加断熱、屋根は垂木間への充填が標準です。

基礎幅を確保 基礎断熱はコンクリート打設時に 断熱ボード(SHS)を内部外部にダブル断熱して、コンクリート厚さ120を確保します。高性能のB-3タイプのスタイロフォーム(SHS)で、厚さは両方とも50ミリ。
熱抵抗値は0.028w/mkで、一般に使用されているB-1タイプ(0.040w/mk)の1.4倍の断熱性能があります。

ダブル断熱の模式図
床下に設置した熱源(FFストーブやヒートポンプエアコン)で、基礎コンクリートが温まり、次第にコンクリートに蓄熱していき、室温の低下をカバーします。


例えば、
2階建て30坪の住宅に使われる基礎コンクリートの量は、土間コンクリートと合わせて約10.5㎥あります。

ここに蓄熱する熱量は
    コンクリーが18度に温まっているとした場合
    49,896kcal (2200x0.12x18x10.5)になり
     これは12畳用ストーブ6台分に相当します。 
         (コンクリートの質量2200kg/㎥、比熱0.21kcal/kg)

蓄熱効果が注目されています
断熱性能をC値やN値と言った数値で表します。
Q.1住宅とは、住宅全体を1℃暖めるのに1㎉で賄い、次世代基準の1/2の燃費で暖房できる住宅をいいます。外気温0℃で住宅内を20℃にする場合、暖房熱量は30坪の住宅では
  30x3,3x1x(20-0)=1980Kcal/h
      ほぼ6畳用ストーブ1台分で可能になります。

このような住宅になるとわずかな熱量で暖房冷房ができるので、蓄熱効果が顕著に表れ、熱源が切れた場合など不測の事態の対応に役立ちます。

弊社では、平成4年土間床工法で150坪の事務所を新築しました。8000Kcal/hのストーブ1台で事務所全館を暖房しています。新築当初は補助暖房を使う事もありましたが、3年目あたりから室温が安定し補助暖房なしで間に合うようになっています。土間床の蓄熱効果と考えられます。
蓄熱は第二の暖冷房源になっています。 

 断熱と空気の関係
断熱すると内外の熱の出入りが抑えられ、内部の熱はあらゆる物に蓄熱し保温性能が上がります。
暖熱材の正体は実は空気で、空気は熱を伝えにくい性質を持っています。空気を閉じ込める材料で断熱材の性能性質も決まります。材料の中の空気が移動すると断熱効果が無くなるので、中の空気が動かない様にしなければなりません。これが気流止めです。壁の上下を木片などで塞いで中を密閉するようにします。
外壁張替時などに一緒に行うと、断熱材が効いてきて部屋は格段に暖かくなり、さらに廉価に仕上がります。

壁の中を暖気が上がる(外断熱の場合)
詳しくはちょっと違います。場所によっては逆に下がってきます。
家の中心付近の壁内では暖気が上昇しますが、外壁側では冷気となって落ちてきます。これは、断熱材が効かないのではなく、外壁側が対流の帰り道になっているためです。
大半が暖房量不足で、帰りの空気が壁の中で冷気に負けてしまっています。
暖房の熱が均一に行き渡ると解消します。

断熱材への偏見
繊維系断熱材(グラスウール(GW)に対して
   『外から湿気が入って来てGWが濡れ、土台などを腐らせる』 は本当か? 

湿気は高いところから低いところに移ります。
冬は屋外の方が湿度が低く室内に湿気が入ることはありません。たとえ壁内に湿気が溜まったとしても湿度が低い屋外に出ていきます。GW内に結露が発生するとすれば、GW内が外気より冷たくて、暖かい空気がGWに入る場合です。そんな現象は起こりません。

壁内への湿気は室内から入るのです。それを防いでいるのが防湿フィルムです。正しい断熱施工を行なっていれば問題はおこりません。

気密 気密測定中 左は気密測定をしている写真です。
隙間の度合いを数値で表現し、相当隙間面積と言ってC値で表します。
実際に隙間が見えるわけではないので、相当と言います。
気密は換気経路を明確にする大切な役目があり、気密がとれていないと隙間だらけで家は暖かくなりません。
気密工事は、壁体内に湿気の侵入を防ぐ防湿フィルムと兼用して施工します。

C値とN値
ファンで室内の空気を抜いて行くと、負圧になった室内に隙間から空気が漏れて入ってきます。一定の圧力差(1パスカル)の時の空気量を延べ床面積で割った値が隙間面積C値(気密性能)です。

抜く空気量を変化させて、風量と差圧の関係をグラフにすると右上がりの直線になります。
    隙間特性グラフ
どこかに大きな隙間があると、この直線の勾配がきつくなり、隙間が少ない場合は、勾配が緩くなります。勾配の分子をNと言い、この値から気密施工の傾向を測る事が出来ます。
図をクリックすると拡大します


施工の良し悪し
ファンで空気を抜いていくと、建物内部は負圧になって、気密シートは内側にパンパンに膨れ上がります。気密性能が良いとちょっと空気を抜いただけでも気圧計の圧力が下がります。圧力がかからない時は、壁の隅や窓周りなどを調べやり直します。
充填断熱と外断熱では気密の仕方が異なり、充填断熱は室内側に気密防湿シートを貼り 梁と柱との取り合いなどシートの連続に注意します。外断熱の場合は、建物の外に張った断熱材の継目をテーピングします。本来、気密と防湿は別物で施工も異なるのですが、日本では両方を兼ねて施工しています。

画期的な気密工法
新住協が提唱する合板で気密を取る合板気密工法です。
外周に構造合板を貼りそれで気密を取る工法で、耐震施工にもなり一石二鳥の効果があります。
室内側は従来通り防湿施工をしますが、気密のテープ処理を省く事が出来ます。主にⅢ地区以南に適用されています


換気について
建築基準法で各部屋毎に換気が義務付けられています。
高断熱住宅では、断熱、気密、換気、暖房を一体と捉え、特に換気は換気経路を確保するなど計画的になされ、居室で0.5回/時と設定されています。
ところが脱CO2が叫ばれるようになり、より高い省エネ住宅が求められるようになると、断熱を厚くし高性能サッシを採用し断熱性能を上げる動きが高まってきました。こうして各部位からの損失熱が少なくなってくると、換気による熱損失の割合が際立つようになり、熱交換型の換気扇が見直されてきました。換気は、ポスト次世代型住宅の一大テーマとなってきました。


住まいと健康
新しい家が出来たのに、頭痛めまい等に悩まされ、住めないでいる人もいます。
換気不足にもよりますが、原因は建材に使用されているVOC(揮発性有機化合物)です。
住宅に使われる建材は4段階( ☆☆☆☆(フォースター))に分けられ、最も少ないものは☆☆☆☆(フォースター)です
ほとんど☆☆☆☆製品が流通していますが、それでもシックハウスの症状を訴える人がいます。
H19年 完璧なシックハウス対策をした住宅を引渡しました.(B様邸)
B様ご一家は、VOCに敏感でずっと悩まされてきました。

そのB様は
『シックハウスは複雑で、さまざまな物質が絡み合い、一部の化学物質を対象にした国の対応は不十分で、信頼性に欠ける。建材に付けられる☆☆☆☆も、シックハウスの安全性を示す事にはならない』 
と話していました。 
結局、B様邸は一切の化学製品を排除し、全て自然材で造ることになりました。地場の木材を構造材に使い、床、かべ、天井の仕上げも地杉を使い、塗装もしませんでした。キッチンはシンクのみのシンプルなものです。大工さんの仕事が終わったら完成!といった工事でした。
完成後にVOCの測定をしましたが、数値は外気とまったく同じでした。
B様一家も普通に生活され、高断熱仕様で健康住宅を提供出来たことにとても満足しています。
米住建設では、全棟でVOCの測定を行い、基準値(0.08PPN)を確認して引き渡しています。

住まいの凶器
温度差は凶器?!
高断熱住宅は良いが、全室暖房は無駄と考える人がいます。使わない部屋まで暖めるからのようですが、家の中に温度差があると寒いところが結露します。結露は、カビ、ダニの発生を促し、喘息やアレルギーを引き起こす元凶になります。東北地方に多い脳卒中や心臓疾患は、室内の温度差による急激な血圧の変化に起因する(東北大学の吉野教授による)といわれています。
室内の温度差は、生命を脅かす凶器にもなるのです。 高断熱の住宅に住むようになって、アトピーが治った、喘息が改善したと言う声が良く聞かれます。他にも温度差の無い冬の生活で、足腰の痛みが和らいだり、家の中での動きが活発に出来るようになったと言う方が大勢います。
(住まいの体験記より)

さて、ここでちょっと考えてみてください。
箸がコンクリート製だったら、どんな感覚を覚えるでしょうか?
折れないように、中に細い鉄筋が入っているような。
ステンレスの箸やスプーンはありますが、コンクリートの箸は見たことがありません。
コンクリートから想像されるもの・・・食に結びつくものは殆んどありません。
化学反応から生まれたコンクリートは強アルカリ性で、酸と結合して絶えず元に戻ろうとしています。
また、鉄は酸と結び付いて、元の酸化鉄(錆び)に戻ろうとします。
これを防ぐために、空気(酸素)と遮断して保護をし続けなければなりません。

写真は近くの遊園地で撮ったものです。これは偽木(ぎぼく)といい、木に似せてコンクリートで創ったもので、中に鉄筋が入っています。(この写真では雪で折れ鉄筋が剥き出ています木製に見えるコンクリートの柵折れてはいますが、本物の木のようで違和感を感じさせません。
使い方によっては有機物に見せることが出来る例ですが、木のように削って元の地肌を出すことはできません。
木は、温かさ、やわらかさ、優しさ、力強さ、美しさなど多種多様の側面を持ち、生活に利用されてきました。箸一本から、建築の広い分野までこのように有機的に関っているものは他にありません。古くなり黒ずんでもリユースに喜ばれ、古いままでもその魅力を失いません。
湿度に反応し、断熱性を持ち合わせ生活に溶け込んできました。
上手に付き合えば木に勝る物はありません。
住宅にとって、木は欠かせない存在です。
私達は自然にこだわり、天然素材や木の魅力を活かした住まい作りを大切に守っていきます。


木材
手作り乾燥室20年前に作業場の片隅に乾燥室を作りました。
乾燥室は、温度と湿度を逃がさないように、壁、天井にグラスウールを入れ、輻射熱利用と防湿のためアルミ蒸着シートを貼りました。乾燥は大型の除湿器で低温乾燥します。

木材の積み方木材は、桟木をはさんで空気の通り道をつくりながら積み重ねます。
桟木の上下の位置がずれると、そこで木材は曲がってしまうので慎重に重ねていきます。
乾燥は約1週間で終了します。

含水率チェック乾燥状態をチェックするため、あらかじめ寸法を測っておきます。
含水率も測定しておきます。
乾燥と共に木材の収縮が始まり、12%で寸法が安定します。生の木材は長さで3%、幅で10%くらい収縮します。高断熱住宅は建物内部が乾燥気味で、木材もすぐ収縮するので乾燥は絶対欠かせません 。

土台と根太の関係弊社では防蟻性がある国産ヒノキを使い防虫剤、防腐剤を使用しません
柱は置賜産の柱を使用しています

Topへ