月々のご挨拶

今月のご挨拶
出世魚と建築
出世魚とは稚魚から成魚までの成長過程で名前の変わる魚ですが、代表的な魚がブリでしょうか?ハマチの子が大きくなるとブリまたはスズキ?スズキはコッパから成長してセイゴ、更に大きくなってスズキと呼ばれます。 出世魚は縁起のいい魚ですがこの大きさで呼び方が変化する話、これって建築でも似ているものがあります。例えば居間と台所と食堂。これを足すとLDKの誕生です。またクローゼットも大きくなるとウォークインクローゼットに出世します。そういえばトイレも出世するかもしれません。便器と手洗い器の空間から、大きな手洗いと鏡をプランするとパウダールーム 化粧室に出世します。住宅でパウダールームを設計する機会はほぼないでしょうが… ここで素朴な疑問ですが、LDKのD(ダイニング※食堂)とL(リビング※居間)の違いって何だろうか?ということです。 家族が集まって食事をしながら会話をしてくつろぐのは食卓テーブルを囲んでできますから、食堂ダイニングでもできます。 じゃあ居間の役割は?これ実は語源に答えがあるそうです。リビングルームの語源は英国庶民の生活風景から呼ばれるようになりました。 暖炉の火を眺めながら食事をし語らう空間をリビングと呼び、辞典を引くと sittingroom(座る部屋)とも表記されます。実はくつろいで「座る」 ことのできる部屋がリビングなのだそうです。食事という作業のための椅子、ダイニングチェアは座面までの高さが40㎝、対してリビングに 置くソファは座面高さが30㎝。深くゆったり座ることができます。このためリビングとダイニングでは異なる高さの椅子がおかれることに なります。うんちくは分かったから、じゃあ椅子がたくさん置ける広いLDKで決まりね♪ともいきません。椅子に座るだけならいいのですが 、和室を隣接させて床に座る場合はそのままだと互いの視線の高さが揃いません。 個室として機能させる和室なら問題ありませんが、もしもL DKの一部を畳敷のコーナーとして一体で使いたい場合は、例えば畳を小上がりにして床から30㎝上げると、ソファに座る人と畳に座る人の視 線が揃います。ただ「座る」という作業一つですが、洋と和を合わせて使うにはやっぱり一工夫必要というところで、日本の住宅ならではの気配 りかもしれません。 気配りの行き届いた住宅…まだまだ勉強が必要です。 ダイニングでもできます。じゃあ居間の役割は?これ実は語源に答えがあるそうです。リビングルームの語源は英国庶民の生活風景から呼ばれ るようになりました。暖炉の火を眺めながら食事をし語らう空間をリビングと呼び、辞典を引くと(座る部屋)とも表記されます。実はくつろいで「座る」 ことのできる部屋がリビングなのだそうです。食事という作業のための椅子、ダイニングチェアは座面までの高さが40㎝、対してリビングに置くソファは 座面高さが30㎝。深くゆったり座ることができます。このためリビングとダイニングでは異なる高さの椅子がおかれることになります。うんちく は分かったから、じゃあ椅子がたくさん置ける広いLDKで決まりね♪ともいきません。椅子に座るだけならいいのですが、和室を隣接させて床に座る 場合はそのままだと互いの視線の高さが揃いません。 個室として機能させる和室なら問題ありませんが、もしもLDKの一部を畳敷のコーナーとして一 体で使いたい場合は、例えば畳を小上がりにして床から30㎝上げると、ソファに座る人と畳に座る人の視線が揃います。ただ「座る」という作業一つ ですが、洋と和を合わせて使うにはやっぱり一工夫必要というところで、日本の住宅ならではの気配りかもしれません。 気配りの行き届いた住宅…まだ まだ勉強が必要です。